« 春だから…で済ますのもナンだなぁ… | トップページ | 今年度の特撮… »

2008年3月28日 (金)

ガソリン税、どぉなる事やら

 昨日、フクダがナンか戯言抜かしたらしい
 もぉこのオヤジの話は聞く気にならんので、詳しい事も知らん…が、国民ナメ腐ってる事だけは充分判る
 このオヤジ、一応「民間経験者」を振れ込みに首相職に付いたのではなかったか…そこで学んだ事は、他人の神経逆なでする方法か…良い職場だな、今度紹介してくれw

 兎に角、4月までにガソリン税の税率が確定する事はなくなったと云って良いだろう
 ガススタンド(GS)では「高い税率で購入していた今までのガソリン」を如何に速く売り尽くすか、「税率が落ちて安く購入できるガソリン」を如何に大量に仕入れられるか…更に云えば、「税率復活した後に来る、高値ガソリンをどのタイミングで供給するか」が存亡の分かれ目になるだろう
 一応、GSは知っての通りグループで供給を行っているが、各GSは原則個人商店だ
 所属しているグループが購入したガソリン等を各GSが購入、一般に小売している
 従って、グループから購入するガソリン単価と一般への小売単価の利鞘が各GSの純利益になる…が、この幅を限界まで抑えないと現在の競争社会では生き残れない
 故に、この税率の変動(しかも、1ヶ月単位で急変動する筈…何せ、今の政府は『支出を抑える』事より、『収入量を確保する』事の方に重点を置いた無駄遣いしかしない訳だし)をどう生き延びるかで、冗談抜きに潰れるGSが後を絶たなくなると思われる
 取り敢えず、私は行き付けのGS(ちなみに出光系列)で給油しており、多少の値段の増減については原則考えていない
 まぁ自宅から近いと云う事も有るが、友人らとの雑談等で得た結果、出光系が一番(質的に)信用出来そうであると結論付けており、緊急事態以外では本当にソコでしか給油していない現状だ…故に、潰れて貰っては困る
 通勤や遊びにも単車利用の私である、ガソリン供給は生活に必須と思う…故に、余りフザけてもいられない話題である

 …しかし、冒頭に戻るがフクダの能無しオヤジの件もあり、真面目に政府広報を聞く気になれない現状をどうにかして欲しいモノだ
 道路財源ってナニ? 関係官庁の野球道具揃える予算の事? 道路とは何の関係も無い箱おっ勃てる事? 本日、友人のmixi日記のコメントにも少々触れたが、政治屋や報道機関の国語力不足は、まんま国そのもののステータスを落とすので、本当、勘弁して欲しい

|

« 春だから…で済ますのもナンだなぁ… | トップページ | 今年度の特撮… »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510881/40663914

この記事へのトラックバック一覧です: ガソリン税、どぉなる事やら:

« 春だから…で済ますのもナンだなぁ… | トップページ | 今年度の特撮… »